シブヤ大学ココロゼミと連動したブログです。


by kokolo-zemi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

七日も過ぎて

なんともオマヌケな新年のあいさつでございます。

ココロゼミは昨年の12月でいったん緩和ケア編を終えまして、
春あたりから新しいかたちでコミュニケーションについて考えていきたいと思っています。


去年のことの振り返り。
12月のココロゼミは
11月のシブヤ大学での授業について振り返り
ついでに人生のアップ&ダウンについて考えてみました。

そこから
とっても大事な発言が。

なぜ人を殺してはいけないのか。

その問いに自らの頭を使って考えているゼミ生が一人。

このテーマでの議論はきっと様々なところで行われています。

でも、自分たちで考えることってきっと大切。

うけうりでもなく
しったかぶりでもなく

一生懸命考えているんだけど
なかなか答えがでてこない

もしかしたら
一生かけてもでてこないかもしれない。

わたしにとって
すごく響いた言葉。

「この国に死刑制度がある限り
わたしはなぜ人を殺してはいけないのか言えない」

多少ニュアンスが変わっているかもしれません。
そしたら後日修正します。

わたし個人の見解を書けば
死刑制度は必要かもしれないと思っている。

遺族の方の心情を思うと
自分の大切な人の命を奪った相手が生きているっていうのは
すごくくやしいんじゃないかと思うから。

でも
迷う。

死で死は払拭されるのか。

そして

国が他者の命を奪うことを認めているとなると
なぜダメなのか、やっぱり答えられない。
矛盾なのか違和感なのか。

1ヶ月経った今でも考えてます。

考えることがきっと大事。


穏やかな日の昼下がり
素面で熱い議論でした。

真正面で話し合うって、心地よい。


以上。

新年のごあいさつと
去年のレポートでした。

ぜみちょ
[PR]
by kokolo-zemi | 2009-01-20 23:44